☎︎03-3355-7888
【受付時間】月~金曜日 9:00~18:00
【定休日】土・日曜日 【住所】〒160-0022 東京都新宿区新宿2-3-13
BUSINESS

事業内容

工事のご紹介

当社の大規模修繕は、それぞれのマンションの特徴に応じた修繕提案でマンションの資産価値維持のみでなく資産価値向上のご提案に努め、居住者様の安心で快適な住環境づくりのお手伝いをいたします。

直接仮設工事(足場)

外壁等の手の届かない箇所の補修工事を行うにあたって、安全に作業ができ、外部に落下物や粉塵等をださないようにするための工事です。足場を設置することは、補修工事において「施工品質を守る」「安全性を確保する」上でとても重要ですが、作業性を見るだけでなく今住まわれていらっしゃる方々への配慮も大事なファクターの1つです。

  • 作業中

  • 資材の運搬・搬入

  • 足場組立て

  • メッシュシート張り

  • 組立て完了

補修工事

建物を健康な状態で維持するためには、ひび割れ、爆裂、欠損、浮き等をきちんと補修することが大切です。また、その後の仕上げ工事(塗装・防水)を施工するに当たってもその仕上がりを大きく左右する工種でもあります。

下地補修工事

  • 欠損

  • 欠損

  • 爆裂

  • モルタル浮き

  • クラック

タイル張替工事

  • 欠損

  • クラック

  • 目地欠損

  • 剥落

シーリング工事

マンションをよく見るとさまざまな部材が集まって出来ていることがわかります。部材と部材の接合部(例えば、サッシやドアの廻りなど)や外壁の目地にゴム状のシーリング材が充填され、水の侵入などを防いでいます。シーリング材により、気密性や水密性が確保されおり、シーリング材の劣化は漏水等の原因となります。

  • 打継

  • サッシ廻り欠損

  • 建具廻り欠損

塗装工事

内外壁塗装は様々な仕様がありますが、鉄部・内外壁共に塗装面を保護する役割と美観を復元する役割とがあります。いずれにしても規定の膜厚(材料の厚さ)を確保しないと劣化が早く進行してしまいます。鉄部塗装工事は、建物内の「鉄」でできているものに対し、その耐久性工事で、特に重要なのは、ケレン(錆止め)で、耐久性に一番影響が出る作業と言えます。鉄部の寿命は外壁より短く約5年ぐらいで塗替え工事を行います。

  • 外壁塗装面

  • 内壁塗装面

  • 鉄部

  • 屋根

防水工事

バルコニー防水工事

屋上防水改修工事と異なってバルコニーの場合は居室側にあるため、工事は仮設足場を架けて外部から施工する事になります。最も一般的なウレタン塗膜防水工法の場合、仕上げまで最低でも4工程が必要で作業には4~5日程を要します。

  • ウレタン

  • モルタル

屋上防水工事

工法としては大きく分けると、塗膜防水、シート防水、アスファルト防水の3つに分類されます。建物の最低条件である生活環境を守るという面でも躯体補修と同じように非常に重要な工事です。

  • ウレタン塗装防水

  • 塩ビシート防水

  • アスファルト防水

大規模修繕の進め方

お問合せから契約の流れ

  • Step
    1
    >

    お問合せ

    まずはお気軽にご相談ください。
    外壁工事、防水工事、設備工事、建物について何でもお気軽にお問合せください。

    お問合せ

  • Step
    2
    >

    ご相談

    オーナー様の気になるところやイメージをお聞かせください。
    (改修方法、雨漏り、工事工程、ご予算、資金計画等)

  • Step
    3
    >

    現場調査・診断

    それぞれ専門の診断員が1次診断による現場調査を行います。

  • Step
    4
    >

    報告書作成

    現場調査で明らかになった建物の状況を、オーナー様がわかりやすいように写真と解説をつけた報告書でご説明いたします。

  • Step
    5
    >

    社内提案会議

    オーナー様のご要望や現在の建物の傷み状態に合わせて1案件ごとに最も良い提案ができるように、各専門分野のスタッフによる提案会議を行います。

  • Step
    6
    >

    積算・必要図面作成

    オーナー様からお預かりした図面や現場調査資料・提案会議資料を基に細かくひとつひとつ計算を積み上げます。また積算に必要な図面を作成いたします。

  • Step
    7
    >

    ご提案・お見積り・ご成約

    ご提案内容に合わせたお見積りを確認いただき、お客様にご納得していただいた上でのご契約になります。

提携オーナーズリフォームローン

工事着工から完了までの流れ

  • Step
    1
    >

    着工準備

    着工に必要な工事情報や契約情報等を担当営業から施工担当者・申請担当者等に社内引継ぎをし、着工の準備をします。

  • Step
    2
    >

    現場引継ぎ

    着工前に現場にて、オーナー様・工事担当者・担当営業の三者で契約時に決めた仕様や約束等を再確認させていただき、引継ぎをして着工後の細かなトラブルを防ぎます。

  • Step
    3
    >

    近隣挨拶・入居者告知

    着工前の近隣へのご挨拶や、入居者様へ日程・工程・注意事項等の告知に回り、工程や告知文等を掲示板に貼り出します。

  • Step
    4
    >

    工事着工

    すべての準備ができていよいよ着工です。
    ご入居者様やご近隣に配慮しながら安全第一で施工に入ります。

  • Step
    5
    >

    工事施工中

    『スリーヴイ総合管理基準書』に沿って均一な工事ができるように安全第一で工事を進めて行きます。(天候等の理由で工程が前後することもございます)また追加工事や仕様変更に関しましては、極力ご要望にお応えできるよう努力いたします。

  • Step
    6
    >

    各種検査

    工事の規模や種類により、社内規定に基づいて各工程の検査(自主・社内・施主立会)を行います。また物件によって雨漏り調査及び止水検査も行います。

  • Step
    7
    >

    工事完了・お引渡し

    工事が終わり竣工クリーニングを行い完成です。竣工図書を提出し完了確認書にサインをいただいてお引渡し。その後に完了時金をお振込みしていただきます。

アフターフォローはこちら