BLOG

仮設計画

大規模修繕工事の中で1番最初に行う工事を『仮設足場工事』と言います。
『仮設足場工事』とは建物の周囲に足場を設置し、"安全性" "施工品質"を確保する為のとても重要な工事です。

この『仮設足場工事』の計画に必要になるのが【仮設計画】です。

仮設計画とは着工前に担当者が現場調査を行い計画をします。
・建物周囲に設置する足場計画
・作業エリアの区画,資材置場の位置,
・トラックや警備員の配置,第三者の導線の確認

20200701_01.jpg 20200701_02.jpg

 【現場担当者からの仮設計画図面】                   【仮設計画を反映した足場図面】
                
品質管理部 安全品質では現場担当者と打合せを行い、安全性,法令等の各項目のチェックを行い、仮設計画をまとめ足場図面を完成させます。                
                
また、計画通りに実際の足場が組まれているのか、実際に現場に行き確認も行います。                
不備があればもちろん是正指示を出し、現場監督や協力業者を含め、会社全体でより安全性の高い足場工事を目指しております。                
                
安全性がきちんと確保された現場では作業効率も上がり、より良い施工品質の商品をお客様へ提供することが出来ます。                
足場は工事が終われば解体をし、残る事はありませんが、お客様の大切な大規模修繕工事をより安全に、より施工品質の高い工事にしてお客様に喜んで頂けるよう、                
品質管理部 安全品質の部署ではこれからも"安全第一"の現場管理を目指し、業務に取り組んでまいります。

20200701_03.jpg

品質管理部 安全品質 吾田


« 前の記事に |  記事一覧  | 次の記事に »





Copyrights(C) THREE V AMENITY CO., LTD All Rights Reserved.