BLOG

現場の安全には常に緊張感が必要です。

現場の安全には常に緊張感が必要です。
今回のブログでは、『電線防護管』について説明します。

足場を設置し大規模修繕工事を行う際に、高圧電流の流れる電線に近い位置で
工事をすることがあります。
もちろんそのまま作業等をしては大変危険な為、感電防止策を施します。
その為に必要になるのが、『電線防護管』です。
『電線防護管』とは、電線の近くで作業する作業員の感電を避けるために
電線に設置する『絶縁用防護管』の事を言います。

《黄色い管が電線防護管です》
防護管写真_2.jpg

この電線防護管は、工事関係者が安全に作業するために足場工事の前に設置します。
また、【労働安全衛生規則】で定められている重要なことで、専門業者と調査を
行ったうえで設置します。
私たち品質管理部では、物件の契約後から工事着工までの間に、この電線防護管が
適切かつ安全に取りつくように手配を行っています。

《現場立会い確認書》
現場立会確認書.jpg

現場の安全は幅広く多くの項目があり、この電線防護管もその一つになりますが、
そこに携わる私たちは安全に対して常に緊張感を持って取り組んでおります。
作業員に安心して現場で作業をしてもらうため、そしてより良い品質を確保し
施主様へ提供していけるよう、これからも日々精進していきたいと思います。

                        品質管理部 製図・申請  村澤

« 前の記事に |  記事一覧  | 次の記事に »





Copyrights(C) THREE V AMENITY CO., LTD All Rights Reserved.