BLOG

道路使用許可と道路許可について

仮設足場設置・解体作業を行う時に道路にトラックを駐車する場合や、足場が常に道路に
出てしまう状態になった場合に、道路を使用・占用する為の許可を取得する必要があります。

①道路使用許可とは・・・
足場工事をする際、トラックから足場の資材を搬出する為、建物の前やその近辺に路上駐車する
ことになります。 
また、作業帯や歩行帯を設置し、安全確保をして作業を行います。
このような場合、管轄の警察署において"道路使用許可申請"を行います。

大規模修繕工事01.jpg

この写真のように、第三者の安全確保の為、歩行帯を設けることで、足場の作業と通行人の
交錯がないようにしています。その申請の為に、それそれの現場にあった図面の作成を現場監督と
打合せを行い、最良な方法で作成をしています。
安全確保の方法を警察署で協議を行い、実際に現場でその通りに施工され、安全が確保されている
施工中現場に行った時は、安全確保の為、道路使用許可の大切さや責任の大きさも痛感し、施工に
携わっている事へのやりがいがあります。

大規模修繕工事02.jpg

足場作業の作業図です。申請に使う図面ですので、分りやすい図面の作成を心掛けています。

大規模修繕工事04.jpg

②道路占用許可とは・・・
足場を設置する際にどうしても道路や歩道に足場が出てしまう場合があります。
このような場合は道路使用許可に加え道路占用許可を取得する場合があります。

大規模修繕工事03.jpg

道路使用許可が足場を設置解体する時だけ必要であるのに対し、道路占用許可は足場が立っている
期間が対象になるのです。
足場が、道路や歩道に立つという事は、危険が無いようにする必要があります。
その為、一定の基準内で足場を組み、クッション材で保護したり、カラーコーンで注意をしたりと
安全確保が大切です。

このように、私たちは工事着工前に関係各署で手続きを行い、許可のもと安全を確保して作業を
しております。

                               品質管理部
                               設計・検査課 村澤

            


« 前の記事に |  記事一覧  | 次の記事に »





Copyrights(C) THREE V AMENITY CO., LTD All Rights Reserved.