BLOG

平成29年8月2日に第5期 第一回スリーヴイアメニティ協力業者会を実施しました。   -2017年8月4日―

協力業者会は、弊社施工協力会社を一同に集め、弊社の方針や施工に関する技術的な指導、
安全に対する啓蒙等を行うものになります。

様々な議題の中で、繰り返し実施している事項がありますので紹介をさせていただきます。

大規模修繕工事 東京P1440914.jpg  大規模修繕工事 東京P1440937.jpg

①作業開始前・終了後の挨拶や現場におけるルールマナー

 昔の作業員のように腕さえよければ何でもいいという時代ではありません。
 今の作業員に求められるのは、常識的な行動をとる事が出来、+αの気配りであると
 考えています。顔合せれば挨拶をするこうした当り前のことと思えることであっても、
 常に意識をしていなければ、声も出ないものと思います。
 弊社社員が自ら範を垂れることで、各協力業者作業員にも徹底を指示しています。
 また、都内ではどこでも喫煙をしてよいという訳ではありません。以前と比較すれば
 タバコ自体を吸わない作業員が増えましたが、それでも街中で車座になりタバコを
 吸う姿を今だに良く見かけます。自分の家の前でこうした行為を行われたら、
 多くの方は不快に感じると思います。全てのことに共通しているのは、その行為を
 相手がどう思うかであると思いますので、相手の気持ちになった行動をとる事が
 出来るように啓蒙しています。

大規模修繕工事 東京P1440913.jpg 大規模修繕工事 東京P1440916.jpg

②安全の確保について

 第三者だけではなく、自身の安全の確保を含めた形での安全の確保を指導しています。
 工事現場であるから、危険があって当り前ということではなく、危険が予測されるからこそ、
 事前にどれだけ回避できるように努めて行くかが工事を行う会社の責務と考えています。
 その中で、作業の効率を優先してしまったり、慣れや過信によって、安全を疎かにしてしまう
 傾向が作業員にはあります。万が一が起きるから事故なのであって、常に何が起きるか
 分らないという意識をもって行動する事が大切と考えています。どの作業員も言われた直後は
 意識をしていただけますが、時間が経つとどうしても気持ちが薄れてしまうので、協力業者会等を
 通じて常に意識付をしています。

大規模修繕工事 東京P1440935.jpg 大規模修繕工事 東京P1440931.jpg

③アンケートの読み上げ

 工事完了後、お施主様アンケートを実施しています。アンケートで頂いたご意見を
 各協力会社に伝えることで、弊社から指導されるだけではなく、自身で、お施主様の
 お気持ちや自分達に何が不足しているのか。逆に、こうしたことが喜ばれるということを
 感じとって欲しいと考えています。当社の企業理念にもあります通り、新規の客様が感動し、
 驚く位の満足を与えられるように一丸となって努めて参ります。

大規模修繕工事 東京P1440961.jpg 大規模修繕工事 東京P1440966.jpg

過去の協力業者会を含め、一貫したテーマは、「どのようにしてお客様にご満足していただくか」
・「どのように安全な工事を行っていくか」になると思います。
常に、お客様目線で工事に当り、弊社に大切なお建物を任せてよかったと思って頂けるような、
工事を目指して参ります。 

« 前の記事に |  記事一覧  | 次の記事に »





Copyrights(C) THREE V AMENITY CO., LTD All Rights Reserved.