BLOG

安全パトロールを行いました。 -2017年5月23日‐

現在、着工中の現場巡回及び着工予定現場の事前確認を行いました。

1件目は、着工準備中の事前調査になります。
この現場は、西武鉄道沿線に建っている5階建ての建物でした。
建物から、線路敷地まで50cmしかなく、S造(ALCタイル貼り)で、
外壁2面の施工といった形で足場の設置条件が非常に厳しい建物でした。
こういった鉄道沿線の建物を施工する場合には、鉄道会社との事前協議が
必要となります。
協議にあたっては、計画図面が必要となるため、敷地寸法や
建物周囲の状況を確認しました。

大規模修繕工事 練馬区 (1).jpg  大規模修繕工事 練馬区 (2).jpg
大規模修繕工事 練馬区 (3).jpg 大規模修繕工事 練馬区 (4).jpg

2件目は、池袋消防署のすぐ近くで施工しているRC造の現場の巡回を行いました。
低層の物件に置いても、足場の安全を確保については十分に行われる必要があります。
巡回に置いては、チェックシートを用いて、重点項目の確認を行いました。

板橋区大規模修繕工事 2 (3).jpg 板橋区大規模修繕工事 2 (2).jpg

板橋区大規模修繕工事 2 (1).jpg

当社では、月1回 安全パトロールとして、着工中現場の確認や着工予定現場の事前確認を
行っています。その際は、工事系の社員だけではなく、営業・事務といった社員も交代で同行し、
工事系社員以外の目で現場の確認を行っています。工事現場となると、どうしても
監督(工事側)の目線に偏りがちですので、営業・事務系の社員には、お客様目線、
若しくは第三者目線で現場を見て、その率直な感想をレポートとして提出して貰っています。

大規模修繕工事 練馬区 (9).jpg  大規模修繕工事 練馬区 (8).jpg

安全委員会では、そうしたパトロール結果の報告を受け、現場の安全確保・
品質の確保について検討をしています。

« 前の記事に |  記事一覧  | 次の記事に »





Copyrights(C) THREE V AMENITY CO., LTD All Rights Reserved.