☎︎03-3355-7888
【受付時間】月~金曜日 9:00~18:00
【定休日】土・日曜日 【住所】〒160-0022 東京都新宿区新宿2-3-13
NEWS
お知らせ
BLOG

工事着工前の準備

2020.02.11

3月20日より着工予定の浅草駅より徒歩5分ほどの物件となります。
足場㎡ 2488.4㎡ 工事内容 下地、タイル工事・シーリング工事・洗浄工事・塗装工事・防水工事

工事を始める前の交渉として、隣地の敷地をお借りするということは、敷地の狭い都内ではよくあります。
弊社ではその交渉をその物件の営業担当及び施工担当が協力して交渉にあたります。

20200211_01.jpg20200211_02.jpg

今回の物件は隣地が1/15~新築工事を行っている現場でした。
今回は隣地新築側、施工業者の現場所長と施主様の方と交渉を行いました。
最初は「新築工事が完了するまでは、そちらの工事は控えてほしい」との事で、足場を建てることを拒否されていましたが、担当営業と一緒に交渉にあたりました。

新築工事が完了するのは来年となります。
こちらの工事を1年先延ばしすることはできませんでした。
理由は新築側の壁面からの漏水があり、施主様はいち早く施工を行ってほしいという希望があったためです。

足場の図面や工程表を先方に見せ、色々と交渉にあたりました。

結果
〇新築側の根切り工事までを完了した時点で足場を立てる事。(3/20であれば完了している予定)
〇越境面のこちらの工事を4/20までに完了する事。(雨天で伸びた場合は協議を行うこととする)
〇足場越境は空中越境とすること
〇こちらが越境面の足場を組んでいる期間(組で5日程度、解体で3日程度)は新築の工事は休工してもらうこと

上記のようなことを協議、打ち合わせし越境の承諾をもらいました。
このように工事を始める前に施主様に代わり、隣地の方と協議・交渉を行います。
最終的のどうしてもという時は施主様にも交渉していただくこともありますが、なるべく手を煩わせない様に心掛けています。

工事を行う前準備をしっかりとしていく事で、隣地の方に誤解のない、安全で品質にこだわった工事が出来ます。
今後も当社の工事で施主様が一層満足して頂ける様取り組んでまいります。

20200211_03.jpg20200211_04.jpg

施工課 黒澤